文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

京都哲学撰書
全30巻
第1期(1巻〜15巻)

◆第1期
【監修】上田閑照
【編集】大峯 顯・長谷正當・大橋良介

A5判・上製・カバー掛け・各巻278頁〜454頁

※ご購入の際には、別途、消費税が加算されます。
表 題 解説・編集 本体価格 発行 頁数
1  高坂正顕
『明治思想史』

 源 了圓
(東北大学名誉教授)
4,300 1999.11 540頁
2  三木 清
『パスカル・親鸞』

 大峯 顯
(大阪大学名誉教授)
3,400 1999.11 324頁
3  田辺 元
『懺悔道としての哲学・死の哲学』
 長谷正當
(京都大学教授)
4,100 2000.01 468頁
4  下村寅太郎
『精神史の中の日本近代』
 大橋良介
(京都工芸繊維大学教授)
4,100 2000.01 476頁
5  九鬼周造
『偶然性の問題・文芸論』
 坂部 恵
(東京大学名誉教授)
3,600 2000.04 358頁
6  鈴木成高
『ヨーロッパの成立・産業革命』 
 川勝平太
(国際日本文化
 研究センター教授)
3,600 2000.04 360頁
7  木村素衞
『美のプラクシス』  
 岩城見一
(京都大学教授)
3,300 2000.07 296頁
8  和辻哲郎
『人間存在の倫理学』
 米谷匡史
(東京外国語大学助教授)
3,300 2000.07 312頁
9  務台理作
『社会存在の論理』
 北野裕通
(相愛大学教授)
3,500
2000.10 334頁
10 【生誕100周年記念出版】
 戸坂 潤
『科学と文学の架橋』
 尾関周二
(東京農工大学教授)
4,300
2001.01 540頁
11  西谷啓治他
『世界史の理論』
 森 哲郎
(京都産業大学教授)
4,200
2000.10 476頁
12  唐木順三
『現代史への試み』
 岡田勝明
(姫路獨協大学教授)
3,800 2001.01 392頁
13  大島康正
『時代区分の成立根拠・
 実存倫理』
 大橋良介
(京都工芸繊維大学教授)
4,000
2001.04 436頁
14  植田寿蔵
『芸術論撰集』−東西の対話−
 岩城見一
(京都大学教授)
3,900
2001.04 412頁
15  高山岩男
『文化類型学・呼応の原理』
 齋藤義一
(大阪大学名誉教授)
4,000
2001.07 432頁

《編者のことば》 《期待のことば》 《特 色》

◆編者のことば◆長大峯顯・長谷正當・大橋良介

西田幾多郎の哲学精神を源流とする思想家たちが、歴史的には比較的短期間に、驚くほど豊かな思想山脈を形成した時代があった。この思想山脈を、その舞台となった場所にちなんで「京都哲学」と名づけることができる。それは、質的な高さと、量的な壮大さにおいて、日本近代精神史のなかにそびえている。それだけではなく、また西洋近代の精神史とも深く交叉し競い合うものとして、世界的視野で測量されるべき出来事でもある。『京都哲学撰書』はこのような思想山脈の代表的な作品を撰び、日本および世界の思想史の観点から解説を加えて、現代に蘇らせようとするものである。
 ちなみにこの『京都哲学撰書』は、故西谷啓治博士の命名によって出発した『燈影撰書』を前身とし、これを発展的に継ぐ意味を持っている。西田幾多郎の諸作品は『西田哲学選集』(燈影舎刊)に譲り、本撰書では、西田と精神的に親近な関係にあった他の思想家たちの諸作品を収録する。第1期は15巻をかぞえ、第2期、第3期の諸巻がこれらにつづく予定である。本撰書が過去の思想遺産の復刻にとどまるのではなく、現代世界の思索土壌を豊かにするものであることを期待する。