文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

日独文化研究所シンポジウム
文化における<時間>

木村敏・大橋良介・高橋義人・谷徹 編

自然、生命、歴史のテーマを
哲学史の主題である、<時間>に沿って展開。

研究の中心を哲学におき、その主題を「近代の科学技術と21世紀の人類」とする、日独文化研究所が主催する公開シンポジウムを収録。幅広い分野の、第一線にて活躍する8名の碩学による、講演とディスカッションは圧巻の内容である。

四六判・上製本・304頁・定価 本体2,800円+税
ISBN978-4-86094-020-1
[発売/燈影舎・発行/財団法人日独文化研究所]

目 次

●序 言
 岡本道雄

●第一部 自然の時間(2005年)
 第1章 有限の時間と無限の時間/伊藤邦武
 第2章 構造と推測:相対論と量子力学の時間/佐藤文隆

●第二部 生命の時間(2006年)
 第3章 生命の時間/本川達雄
 第4章 自己・生命・時間/木村敏
 ディスカッション

●第三部 祭りの時間(2007年)
 第5章 祭り─刻印された集団記憶/高橋義人
 第6章 神の時間と死者の時間/中村生雄
 ディスカッション

●第四部 歴史の時間(2008年)
 第7章 歴史を開く/上村忠男
 第8章 歴史時間について/大橋良介
 ディスカッション

●あとがき