文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

日本図書館協会選定図書
白秋没後60年記念出版
立ちあがる白秋
北原 東代

北原家で発見された多くの「新資料」をもとに、今、鮮烈に蘇る白秋像が、世に流布する"虚像"を打ち砕く!
未発表白秋書簡(17通)収録。


B6版・上製本・カバー掛け・定価 本体2,400円+税
ISBN978-4-924520-03-5

目 次

第1章 白秋探索
麻布時代の弟鐵雄と白秋、白秋と志賀直哉、白秋と谷崎潤一郎

第2章 白秋周辺
白秋と与謝野夫妻、白秋と木下杢太郎、白秋と永瀬義郎、白秋と恩地孝四郎、若林牧春翁、大木惇夫さんのこと、清廉の詩人・木水彌三郎、準家族・与田凖一さん、ほか
 
第3章 白秋断章
白秋の集中力、白秋作「地雷爆発」について、白秋の白百合の歌、白秋と阿蘭陀、「雨ふり」と私、姫松館の師弟合同歌碑、白秋と高尾山、ほか

新資料 未発表白秋書簡 (全17通)
阿蘭陀書房宛、山本鼎宛、北原菊子宛(3通)、北原隆太郎宛(4通)、北原鐵雄宛(2通)、女人藝術宛、由利貞三宛、原田譲二宛、与謝野晶子宛、村野次郎宛、藤田健次宛

◎著者紹介/北原 東代(きたはら はるよ)
1943年 東京都大森新井宿(現大田区)に生まれる。
1962年 京都大学文学部に入学。
1966年 京都大学文学部仏文科卒業。同大学院に進学。
1971年 京大大学院博士課程修了。北原隆太郎と結婚し、鎌倉市に転居。
主著
『父母たちへの旅』(大東出版社)、『白秋片影』(春秋社)、『白秋の水脈』(春秋社)