文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

京都哲学撰書 第12巻
唐木順三
現代史への試み
解説:岡田勝明
姫路獨協大学教授授

"自己"と"人"と"自然"との一体観の回復を求めた「<人>の心の軌跡」を提示。 21世紀への歴史と人間を考えるための必読の書。


A5判・上製本・カバー掛
定価 本体3,800円+税
ISBN978-4-924520-77-6

第一部 現代史への試み
 現代史への試み ― 型と個性と実存 ―
   一 型の喪失
   二 個性に立つ教養派の擡頭
   三 教養派の歴史的社会的規定
   四 教養派の一見本
   五 読書と行
   六 教養派の後退と新たなる型
   七 型そのものとその崩壊
   八 個性から実存へ
   九 コンポシビリテ
   十 形への憧憬
 近代日本の思想文化
 近代と現代
 自殺について
 教養ということ
 虚構の魔術化
 残るもの
 途中の喪失
 新しい幸福論のために

第二部 現実・自然・純粋経験
 主体か現実かの問題
 自然ということ
 西田先生の 『遺墨集』 にちなんで

唐木さんと蛙と禅------------------上田閑照

解 説
唐木順三略年譜
事項索引
人名索引