文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

墨海 久松真一の書

久松先生の書は、書の生まれ出る根源からの躍動の正にその具現である。それは私の全能力をあげて少しでも多くをそこから引き出すべき典例であって、たまたま外にある一作品では断じてないのである。
「きびしさと慈味、筆の刻みの深さと鋭さそして柔らかさ、一毫もゆるがせにしない真実さと、天衣無縫の自在さ」そして、品格の高さ。これは、当世はやりの稚拙ぶり、悪ぶってみせようとする俗流を思うとき、普通の意味の品格を越えて、全く新しいめざめとしての品と格を提示されているように思う。【森田子龍】


序文/西谷啓治 跋文/東専一郎・辻村公一 解説/森田子龍 後記/倉沢行洋

B4版・写真377点・印譜76点・268頁
●1500部限定出版(ナンバー入り)豪華上製本
定価 本体35,000円+税
ISBN978-4-86094-008-9