文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

西田幾多郎遺墨集

西田先生の墨蹟も実に西田先生らしい独自な卓抜なものであって、近くは、良寛、寂巌、慈雲などに比肩すべく、古くは、懐素、張旭、楊凝式、大燈などの塁を摩するものがあるようにさえ思われる。
【 久松真一】


序文/久松真一  跋文/山内得立  後記/片岡仁志

B4版(タテ364ミリ×ヨコ257ミリ)
写真261点 200頁 豪華上製本
定価 本体27,000円+税


西田幾多郎遺墨集(普及版)

先生の書を通して何かを感得すれば、その感得は、先生の思想のうちに生きて働いている精神に触れたことになり、それがまた、その思想の真の理解への手懸りになる。先生の書には、先生の思想の源泉である「人」が現われている。普及判は、先生の墨蹟に深い関心をもつ多くの人の要望によって発刊をみた。【西谷啓治】

B4版・並製本
定価 本体8,000円+税