文明と哲学〈創刊号〜第3号〉
文化における<時間>
敵味方をこえて平和を織る
高坂正顕 -京都学派と歴史哲学-
美のゆくえ
人間であること
良寛への道
立ちあがる白秋
情緒の教育
シェリング著作集
西田哲学選集
京都哲学撰書 1〜15巻
京都哲学撰書 16〜30巻
京都哲学撰書 別巻
燈影撰書
西田天香の世界
西田幾多郎遺墨集
墨海 久松真一の書
随眠 山内得立遺墨集
DVDビデオ 『寸心の世界』
DVDビデオ 『裸足の人』
謎解き漢字 銭形文字
石油とその開発Q&A
教育人間学の根本問題

日独を軸とする「哲学研究」に新風!!
文明と哲学
<創刊号><第2号><第3号>
Zivilisation und Philosophie Bb.1 2008.
日独文化研究所年報

「近代文明」と「人類の将来」がここに在る。

“文明と哲学”というテーマは、古今東西の思想に関する知識とともに、現代世 界の問題に対する歴史感覚をも要求します。既存の大学での哲学研究からは抜け落ちがちな、この古くて新しいテーマを、「近代文明と人類の将来」を鍵語に、本誌『文明と哲学』がどこまで迫り得るか…。どうぞ創刊号にご期待ください。

A5変判・並製本
[発売/燈影舎・発行/財団法人日独文化研究所]


表 題 定価 頁数
 文明と哲学〈創刊号
  ISBN978-4-86094-014-0 
本体 2,000+税 164p
 文明と哲学〈第2号〉
 ISBN978-4-86094-027-0 
本体 1,000+税 180p
 文明と哲学〈第3号〉
 ISBN978-4-86094-017-1
本体 1,000+税 180p

発刊にあたり
財団法人日独文化研究所は一昨年に創立50周年を迎え、それを期に、事業の焦点が日独の「文化」一般の研究から、「哲学」を主軸とする研究へと絞られることになりました。所内の研究体制も、それに準じて整えられてきました。研究領域の鍵語は「近代文明と人類の将来」です。この新事業の一環として、このたび研究所の「年報」が創刊されることとなりました。年報のタイトルは、『文明と哲学』です。

創刊号の執筆者には、本研究所の理事でもある木村敏、大橋良介、高橋義人、谷徹の4人のほかに、川勝平太、神林恒道、安部浩、松井吉康、松友智香子など、 各方面の大家と若手の研究者です。また創刊を記念しての、上田閑照・大橋良介の対談「文明と哲学」も含まれています。